服部 祐季   (Yuki Hattori)

はっとり ゆき

 

 脳の発生過程において、免疫細胞であるミクログリアがどのような役割を果たしているのかについて興味を抱き、研究を行っています。

 

 胎生期から生後にわたって時々刻々と進行する脳発生は、種々のステップが緻密に制御されて成り立っています。大脳原基において、脳室に接する面の近傍で誕生した神経幹細胞は分裂か分化のいずれかの運命選択をし、分化方向に進むよう運命づけられた細胞は、脳膜方向へと(外側に向かって)移動を開始します。そして移動をしながら、中間型前駆細胞を経て、やがてニューロンへと成熟しています。つまり、細胞の分化具合に応じた層構造が形成されていきます。また、胎生後期になると、アストロサイトやオリゴデンドロサイトといたグリア細胞の産生も始まります。このようにして、脳を構成する細胞は適切なタイミングでつくられ、適切な位置に配置もされていきます。

 この脳発生のメカニズムについて、従来は「神経系」の細胞のみに焦点を当てた研究が展開されてきました。しかしながら、脳には、「免疫系」の細胞であるミクログリアも存在しています。その存在は以前より認識されていたものの、存在意義・機能については理解が乏しく、脳発生にいかに関与しているのかについては解明が遅れています。

 そこで私たちは、ミクログリアが神経系細胞の産生・分化・成熟に対しどのような機能的貢献をしているのか、脳形成の各々のステップが正しく進行するためにどういったサポートをしているのかについて明らかにしようとしています。特に、ライブイメージングを通じて、個々の細胞の挙動をとらえながら、現場で何が起こっているのかを理解することを心がけています。

 

 大学院時代までは免疫分野で研究を行っていましたが、学位取得後に分野を横断し、ミクログリア研究を開始しました。「ダイレクトに細胞の動きを捉える」ことの醍醐味に魅力を感じ、脳スライス培養下ライブイメージングや二光子顕微鏡を用いた生体内イメージングの手法を使って、一つ一つの細胞の動きや周囲の細胞との相互作用を細かく観察しながら、脳発生現象のメカニズムを探ろうとしています。

 

 

 

 

一緒に研究を進めてくれる学生さんを募集しています!!

 

発生期脳のミクログリアについて一緒に研究してみたい方、興味を持たれた方は、下記の連絡先にお気軽にお問い合わせください。

 

連絡先:服部祐季

Email:ha-yuki(アットマーク)med.nagoya-u.ac.jp

 

 

 <略歴>

 

2010年3月 京都大学医学部保健学科検査技術科学専攻 卒業

2012年3月 京都大学大学院生命科学研究科修士課程 修了

2012年4月〜2015年3月

      日本学術振興会特別研究員DC1

2015年3月 京都大学大学院生命科学研究科博士後期課程 修了

                        (博士:生命科学)

2015年4月  名古屋大学大学院医学系研究科

      機能形態学講座細胞生物学分野 特任助教

2016年4月 日本学術振興会特別研究員PD

2019年8月  名古屋大学大学院医学系研究科

      機能形態学講座細胞生物学分野 特任助教

 

 

<参考>

 

Researchmap

 

学術変革領域(A)グリアデコーディング:脳−身体連関を規定するグリア情報の読み出しと理解

令和3〜4年度公募研究課題

胎生期大脳ミクログリアの分布経路に起因する多様性の解読

 

創発的研究支援事業に採択されました(2022年4月〜)

研究課題名「ミクログリア多様性の理解と母体炎症による影響の解明」

 

世界的課題を解決する知の「開拓者」育成事業(T-GEx)採択(2022年1月〜)

 

解剖学会ひろば 2020年度日本解剖学会奨励賞受賞者コメント

 

神経化学トピックス (2020年11月27日掲載)

胎生期大脳におけるミクログリアの分布調節機構とその意義

服部祐季

最近の研究成果(Hattori et al., Nat. Commun., 2020; Hattori and Miyata, Genes Cells, 2018)の内容をまとめています。

 

 

<論文>

 

* Corresponding author

 

Hattori Y*, Itoh H, Tsugawa Y, Nishida Y, Kurata K, Uemura A, Miyata T.

Embryonic pericytes promote microglial homeostasis and their effects on neural progenitors in the developing cerebral cortex.

J. Neurosci. (Published: Nov 24 2021)

DOI: 10.1523/JNEUROSCI.1201-21.2021

プレスリリース

 

Hattori Y*, The behavior and functions of embryonic microglia.

Anat. Sci. Int. (Published: Sep 19 2021)

DOI: 10/1007/s12565-021-00631-w

 

Hattori Y*, Naito Y, Tsugawa Y, Nonaka S, Wake H, Nagasawa T, Kawaguchi A, Miyata T*. Transient microglial absence assists postmigratory neurons in proper differentiation.

Nat. Commun. 11, 1631 (2020).

DOI: 10.1038/s41467-020-15409-3

プレスリリース

 

Kawasoe R, Shinoda T, Hattori Y, Nakagawa M, Pham TQ, Tanaka Y, Sagou K, Saito K, Katsuki S, Kotani T, Sano A, Fujimori T, Miyata T*. Two-photon microscopic observation of cell-production dynamics in the developing mammalian neocortex in utero.

Dev. Growth. Differ. 62(2), 118-128 (2020).

DOI: 10.1111/dgd.12648

 

Hattori Y*, Miyata T. Embryonic neocortical microglia express Toll-like receptor 9 and respond to plasmid DNA injected into the ventricle: technical considerations regarding microglial distribution in electroporated brain walls. 

eNeuro 5(6) ENEURO.0312-18.2018 (2018).

プレスリリース

 

Hattori Y*, Miyata T. Microglia extensively survey the developing cortex via the CXCL12/CXCR4 system to help neural progenitors to acquire differentiated properties. 

Genes Cells 23(10), 915-922 (2018).

DOI: 10.1111/gtc.12632 

 

Ogura S, Kurata K, Hattori Y, Takase H, Ishiguro-Oonuma T, Hwang Y, Ahn S, Park I, Ikeda W, Kusuhara S, Fukushima Y, Nara H, Sakai H, Fujiwara T, Matsushita J, Ema M, Hirashima M, Minami T, Shibuya M, Takakura N, Kim P, Miyata T, Ogura Y, Uemura A*. Sustained inflammation after pericyte depletion induces irreversible blood-retina barrier breakdown

JCI Insight 2(3), e90905 (2017).

 

Hattori Y, Morita, D, Fujiwara N, Mori D, Nakamura T, Harashima H, Yamasaki S, Sugita M*. Glycerol monomycolate is a novel ligand for the human, but not mouse macrophage inducible C-type lectin, Mincle. 

J. Biol. Chem. 289(22), 15405-12 (2014).

 

Morita D, Miyamoto A, Hattori Y, Komori T, Nakamura T, Igarashi T, Harashima H, Sugita M*. Th1-skewed tissue responses to a mycolyl glycolipid in mycobacteria-infected rhesus macaques. 

Biochem. Biophys. Res. Commun. 441(1), 108-13 (2013).

 

Morita D, Hattori Y, Nakamura T, Igarashi T, Harashima H, Sugita M*. Major T cell response to a mycolyl glycolipid is mediated by CD1c molecules in rhesus macaques. 

Infect. Immun. 81(1): 311-6 (2013).

 

Kobayashi C, Shiina T, Tokioka A, Hattori Y, Komori T, Kobayashi-Miura M, Takizawa T, Takahara K, Inaba K, Inoko H, Takeya M, Dranoff G, Sugita M*. GM-CSF-independent CD1a expression in epidermal Langerhans cells: evidence from human CD1A genome-transgenic mice.

J. Invest. Dermatol. 132(1): 241-4 (2012).

 

Hattori Y, Matsunaga I, Komori T, Urakawa T, Nakamura T, Fujiwara N, Hiromatsu K, Harashima H, Sugita M*. Glycerol monomycolate, a latent tuberculosis-associated mycobacterial lipid, induces eosinophilic hypersensitivity responses in guinea pigs. 

Biochem. Biophys. Res. Commun. 409(2): 304-7 (2011).

 

Komori T, Nakamura T, Matsunaga I, Morita D, Hattori Y, Kuwata H, Fujiwara N, Hiromatsu K, Harashima H, Sugita M*. A Microbial Glycolipid Functions as a New Class of Target Antigen for Delayed-type Hypersensitivity.

J. Biol. Chem. 286(19), 16800-6 (2011).