服部 祐季 (Yuki Hattori)

 

 脳内の免疫細胞であるミクログリアが、胎生期の脳発生過程でどのような役割を果たしているのかについて興味を抱き、研究を行っています。

 

 脳発生過程では、神経幹細胞から中間前駆細胞を経てニューロン、そしてグリアがつくられます。このメカニズムに関しては、従来、ニューロン、グリア、その前駆細胞など、神経外胚葉に由来する細胞群を対象に研究がなされてきました。しかし、脳原基には非神経系の細胞、すなわち、ミクログリアや血管・脳膜が存在しています。これらの存在は以前より知られていたもののまだ機能の理解は乏しく、脳発生にいかに寄与しているのかについてはほとんどわかっていません。そこで、脳発生過程におけるミクログリアの機能および神経系細胞産生への貢献について、血管・脳膜との関わり合いも問いつつ、これを明らかにしようとしています。

 また母体の感染症や自己免疫疾患等による過剰な炎症反応が、胎仔脳発生に与える影響についても解明を目指しています。

 

 学生時代では、脂質抗原、特に結核菌由来抗原に対する宿主免疫応答の解析を行ってきましたが、大学院卒業後に免疫分野から脳発生分野へと横断し、現在は上記研究を進めています。

 

 

 <略歴>

 

2012年3月 京都大学大学院生命科学研究科修士(博士前期)課程 修了

2012年4月〜2015年3月

      日本学術振興会特別研究員DC1

2015年3月 京都大学大学院生命科学研究科博士後期課程 修了

                        (博士:生命科学)

2015年4月  名古屋大学大学院医学系研究科

      機能形態学講座細胞生物学分野 特任助教

2016年4月〜日本学術振興会特別研究員PD

 

<研究業績>

 

1)       Ogura S, Kurata K, Hattori Y, Takase H, Ishiguro-Oonuma T, Hwang Y, Ahn S, Park I, Ikeda W, Kusuhara S, Fukushima Y, Nara H, Sakai H, Fujiwara T, Matsushita J, Ema M, Hirashima M, Minami T, Shibuya M, Takakura N, Kim P, Miyata T, Ogura Y, Uemura A. Sustained inflammation after pericyte depletion induces irreversible blood-retina barrier breakdownJCI Insight. 2(3):e90905, 2017.

2)       Hattori Y, Morita, D, Fujiwara N, Mori D, Nakamura T, Harashima H, Yamasaki S, Sugita M. Glycerol monomycolate is a novel ligand for the human, but not mouse macrophage inducible C-type lectin, Mincle. J Biol Chem. 289(22): 15405-12, 2014.

3)       Morita D, Miyamoto A, Hattori Y, Komori T, Nakamura T, Igarashi T, Harashima H, Sugita M. Th1-skewed tissue responses to a mycolyl glycolipid in mycobacteria-infected rhesus macaques. Biochem Biophys Res Commun. 441(1): 108-13, 2013.

4)       Morita D, Hattori Y, Nakamura T, Igarashi T, Harashima H, Sugita M. Major T cell response to a mycolyl glycolipid is mediated by CD1c molecules in rhesus macaques. Infect Immun. 81(1): 311-6, 2013.

5)       Kobayashi C, Shiina T, Tokioka A, Hattori Y, Komori T, Kobayashi-Miura M, Takizawa T, Takahara K, Inaba K, Inoko H, Takeya M, Dranoff G, Sugita M. GM-CSF-independent CD1a expression in epidermal Langerhans cells: evidence from human CD1A genome-transgenic mice. J Invest Dermatol. 132(1): 241-4, 2012.

6)       Hattori Y, Sugita M. Molecular and cell biology of mycobacteria. Nihon Rinsho. 69(8): 1356-60, 2011.

7)       Hattori Y, Matsunaga I, Komori T, Urakawa T, Nakamura T, Fujiwara N, Hiromatsu K, Harashima H, Sugita M. Glycerol monomycolate, a latent tuberculosis-associated mycobacterial lipid, induces eosinophilic hypersensitivity responses in guinea pigs. Biochem Biophys Res Commun. 409(2): 304-7, 2011.

8)       Komori T, Nakamura T, Matsunaga I, Morita D, Hattori Y, Kuwata H, Fujiwara N, Hiromatsu K, Harashima H, Sugita M. A Microbial Glycolipid Functions as a New Class of Target Antigen for Delayed-type Hypersensitivity. J Biol Chem. 286(19): 16800-6, 2011.

 

<学会発表>

  

1)       服部祐季, 内藤裕, 宮田卓樹 

マウス胎生期大脳におけるミクログリアの分布・移動メカニズムと脳発生への貢献の可能性

39回日本分子生物学会年会(横浜:パシフィコ横浜、201612月)ポスター発表

2)       服部祐季内藤裕, 宮田卓樹 

        Microglia in the developing mouse neocortical wall: Their distribution, migration, and potential roles 

39回日本神経科学大会(横浜:パシフィコ横浜、20167月)ポスター発表

3)       服部祐季, 宮田卓樹

胎生期の脳形成過程におけるミクログリアの動態観察とニューロン産生への貢献

121回日本解剖学会総会・全国学術集会(福島:ビッグパレットふくしま、20163月)口演発表

4)       Yuki Hattori, Yu Naito, Takaki Miyata

Microglia in the developing mouse neocortical wall: Their distribution, migration, and potential roles.

9回神経発生討論会(東京:東京医科歯科大学、20163月)ポスター発表

5)       Yuki Hattori

Differential recognition of glycerol monomycolate, a chronic tuberculosis-associated mycobacterial lipid, by human and mouse Mincle

21回東アジアシンポジウム(韓国ソウル:SAMSUNG Medical Center20147月)口演・ポスター発表