服部 祐季 (Yuki Hattori)

 

 脳内の免疫細胞であるミクログリア(マクロファージの一種)が、胎生期の脳発生過程においてどのような役割を果たしているのかについて興味を抱き、研究を行っています。

 

 胎生期の脳は日々刻々と発生が進みます。大脳においては、内側の脳室面近傍に存在する未分化な神経幹細胞から中間前駆細胞が生まれ、そしてニューロンへと成熟していきますが、細胞たちは分化(成熟)の進行に伴って外側の脳膜方向へと移動していきます。このようにして大脳の層構造が充実化していくのですが、そのメカニズムに関して、これまでの多くの研究では「神経系」の細胞のみに焦点が当てられてきました。しかし、脳原基には、「免疫系」の細胞であるミクログリアも存在しています。その存在は以前より知られていたものの、存在意義・機能については理解が乏しく、脳発生にいかに関与しているのかについてはほとんどわかっていません。

 そこで私は、ミクログリアが神経系細胞の産生・分化に対しどのような役割を果たしているか、脳発生が正しく行われるためにどのように手助けをしているのかについて明らかにしようとしています。

 また、妊娠中にお母さんが感染症や自己免疫疾患などを罹患して、炎症を起こした場合に、お腹のなかの胎児の脳発生にどういった影響を与えてしまうのかについても、解明を目指しています。

 

 学生時代では、脂質抗原(特に、結核菌由来の抗原)に対する免疫応答の解析をマウス、モルモットなどを用いて解析してきましたが、大学院卒業後に免疫分野から脳発生分野へと横断し、現在は当研究室にて上記研究を進めています。

 

 

 <略歴>

 

2010年3月 京都大学医学部保健学科検査技術科学専攻 卒業

2012年3月 京都大学大学院生命科学研究科修士課程 修了

2012年4月〜2015年3月

      日本学術振興会特別研究員DC1

2015年3月 京都大学大学院生命科学研究科博士後期課程 修了

                        (博士:生命科学)

2015年4月  名古屋大学大学院医学系研究科

      機能形態学講座細胞生物学分野 特任助教

2016年4月 日本学術振興会特別研究員PD

2019年8月  名古屋大学大学院医学系研究科

      機能形態学講座細胞生物学分野 特任助教

 

<原著論文>

 

* Corresponding author


Hattori Y*, Naito Y, Tsugawa Y, Nonaka S, Wake H, Nagasawa T, Kawaguchi A, Miyata T*. Transient microglial absence assists postmigratory neurons in proper differentiation.

Nat. Commun. 11, 1631 (2020).

DOI: 10.1038/s41467-020-15409-3

 

Kawasoe R, Shinoda T, Hattori Y, Nakagawa M, Pham TQ, Tanaka Y, Sagou K, Saito K, Katsuki S, Kotani T, Sano A, Fujimori T, Miyata T*. Two-photon microscopic observation of cell-production dynamics in the developing mammalian neocortex in utero.

Dev. Growth. Differ. 62(2), 118-128 (2020).

DOI: 10.1111/dgd.12648

 

Hattori Y*, Miyata T. Embryonic neocortical microglia express Toll-like receptor 9 and respond to plasmid DNA injected into the ventricle: technical considerations regarding microglial distribution in electroporated brain walls. 

eNeuro 5(6) ENEURO.0312-18.2018 (2018).

 

Hattori Y*, Miyata T. Microglia extensively survey the developing cortex via the CXCL12/CXCR4 system to help neural progenitors to acquire differentiated properties. 

Genes Cells 23(10), 915-922 (2018).

DOI: 10.1111/gtc.12632 

 

Ogura S, Kurata K, Hattori Y, Takase H, Ishiguro-Oonuma T, Hwang Y, Ahn S, Park I, Ikeda W, Kusuhara S, Fukushima Y, Nara H, Sakai H, Fujiwara T, Matsushita J, Ema M, Hirashima M, Minami T, Shibuya M, Takakura N, Kim P, Miyata T, Ogura Y, Uemura A*. Sustained inflammation after pericyte depletion induces irreversible blood-retina barrier breakdown

JCI Insight 2(3), e90905 (2017).

 

Hattori Y, Morita, D, Fujiwara N, Mori D, Nakamura T, Harashima H, Yamasaki S, Sugita M*. Glycerol monomycolate is a novel ligand for the human, but not mouse macrophage inducible C-type lectin, Mincle. 

J. Biol. Chem. 289(22), 15405-12 (2014).

 

Morita D, Miyamoto A, Hattori Y, Komori T, Nakamura T, Igarashi T, Harashima H, Sugita M*. Th1-skewed tissue responses to a mycolyl glycolipid in mycobacteria-infected rhesus macaques. 

Biochem. Biophys. Res. Commun. 441(1), 108-13 (2013).

 

Morita D, Hattori Y, Nakamura T, Igarashi T, Harashima H, Sugita M*. Major T cell response to a mycolyl glycolipid is mediated by CD1c molecules in rhesus macaques. 

Infect. Immun. 81(1): 311-6 (2013).

 

Kobayashi C, Shiina T, Tokioka A, Hattori Y, Komori T, Kobayashi-Miura M, Takizawa T, Takahara K, Inaba K, Inoko H, Takeya M, Dranoff G, Sugita M*. GM-CSF-independent CD1a expression in epidermal Langerhans cells: evidence from human CD1A genome-transgenic mice.

J. Invest. Dermatol. 132(1): 241-4 (2012).

 

Hattori Y, Matsunaga I, Komori T, Urakawa T, Nakamura T, Fujiwara N, Hiromatsu K, Harashima H, Sugita M*. Glycerol monomycolate, a latent tuberculosis-associated mycobacterial lipid, induces eosinophilic hypersensitivity responses in guinea pigs. 

Biochem. Biophys. Res. Commun. 409(2): 304-7 (2011).

 

Komori T, Nakamura T, Matsunaga I, Morita D, Hattori Y, Kuwata H, Fujiwara N, Hiromatsu K, Harashima H, Sugita M*. A Microbial Glycolipid Functions as a New Class of Target Antigen for Delayed-type Hypersensitivity.

J. Biol. Chem. 286(19), 16800-6 (2011).